シンプルに生きること

学生のときに桃の農家に1週間滞在させてもらって、農家を体験するという機会があったんたけど

生きるってこういうことかって実感することができるとても貴重な1週間で。

5時ごろ起きて(10代の5時起きは今の早朝覚醒とは訳が違う)、朝ごはん前に桃をもいでくる。

ひと仕事終えたあとの朝ごはんは格別で

畑や外での収穫の作業以外は、畳で横になったり、そこの家の子供の遊びの相手をしたり。

単独のホームステイだったから、話し相手もいないし、テレビ見たり本読んだりもしなかったんだけど、2、3日経過したあたりから、“いやぁ何このストレスレスな生活は♡シンプルに生きるってこういことね”って思い始めた。

普段悩んでたこととか、どうでもよく思えてくる。

もちろん、人付き合いが得意でない私は、最初、何をしていいか分からず、1人で心細くなって涙してしまう場面もなくはなかったんだけど、それでも長野県での援農体験は、私にとって、人の暮らしの1番大事なことを教えてくれる貴重な体験となった。

それがほんの1週間だったからというのもあるかもしれないけど、もう駄目かも…悩んで悩んでドツボにはまってしまったら、こういう物理的な環境の変化も有効だよ、と今日湯船の中で本を読んでいて思い出した話。

勇気を出して進む覚悟。

人の波に飲まれ、人との交流をしてきた人と、ひたすら逃げ惑ってきた人間の数十年の違いを感じた。

逃げ始めたころはまだたぶん小学生…守ってくれる大人の存在を感じることができなくて、逃げることしかできなかったとしても。

今は、甘えてもいいような気がする人がいて、失敗することも、無様をさらしても、ひとりじゃないよって言ってくれる人がいるなら。

勇気を出して前へ進めるのかもしれない。やってみよう、信じて進んでみようと思えること。

許されるなら…

夏が到来(・ัω・ั)そんな折…

生命力の弱まった猫が、自ら人目に触れぬところを目指すように、

人と接することで人間不信や人間嫌い、つまり自らのパワーが弱まっていることを証明するかのように、

おのずと隠れ家的どこかを探し求めている自分がいる。

一人じゃ生きられないのは分かっているけども、今は人里離れて生きたいという時期なのかもしれない。

あるいは、立てこもりながらそこを居場所にできるならそれこそが私の生きる道なのかもしれぬ。

傷を癒して、自分立て直して、大切なものに向き合い生きていこう。

ふとこんな世界で見つけた宝物に、よろこびと感謝で涙がこぼれそうになることもある。

そう、きっと大丈夫なんだ。

噛む瞑想。

瞑想を始めて5週間目の昼食にて。

“食べることに専念”する瞑想。

今日はお好み焼きがなんとなく食べたかったので、コンビニで買ってきて、食べた。

今日は「お好み焼き」が食べたい気分だったんだけど、よく噛んで、味わう…

これは私が知ってる“お好み焼き”ではなくて、いわゆる千切りキャベツの重ね蒸しだろう。

非常に味気ないお好み焼きを噛み噛み、味わいました。

コンビニの買い飯もたまに美味しいと思うときもあるけど、これはやはり時間を買ってるんだろうなぁ。

良いものは、お金も時間もかけるほどなのかしら。

ヘドウィグアンドアングリーインチ✨

映画を観た。DVDを借りてきて部屋で。

自分では選びそうにないものを他の人の影響で観て、ものすごくいいものだとうれしくなる。

大きな感情の流出があるような感じではなくて、観てる途中は、大きな船が左右に大きく傾くように、主人公の心が揺れ動く様子が、苦しいんだけど、観終わったあとは、大きな波紋が自分の中に大きく広がるような、そんな映画だった。

草木も眠る、丑三つ時…

今日不気味なもの目撃しちゃったから眠れないのかな…

 

なんだよ、あれ。

生きてる人間の方が怖いはずなのに…

 

死にいっぽ踏み入れただけで、背筋が凍る。

死を運ぶワゴン車。

 

興味本位で見なければよかったと本気で思った。

いや、おそらくそうなのだろう。

白い布で覆った台と枕元の花。

外部からわかりづらいように、シートが立てかけてあったんだけど、のぞきこんでしまった…

 

あれはどんな状況の遺体を運ぶ車なんだろうか?

民間のそういうお仕事かなにかあるのか。

私はいったい何を見たんだろうか。

 

ドアの外で、運ばれてくるものを待って立っていた黒い装いの恰幅のいい男性に通り間際ジロジロと見つめられた不自然さが、今となって気持ち悪いなと。

 

 

…ってもしかして動物のかな…?

って今きづいた。

 

 

どろりと停滞中…

なけなしの生命力があるならば、どこかの生きたいと思ってる人に差し出したい今日このごろ。

 

身動きがとれなくなりました。

何をやりたいかも不明瞭だし、やり方もわからない。

精神力が足りてないんだ。とりあえずの仕事して、磨耗して、くたばってる←いまココ。

 

きれいな自然に触れる旅を決行してみる?

何が着火ポイントかわからないし、動きだせてもその保持力の弱さに本人も呆然。

 

そうだね、人生に進みかたの正解はないなら、今したいと思えることをして、停滞しててもオッケーか。