《Interlude Diary》

とりとめのないこといろいろと

いつか風化される、その日まで。

いつか風化される、そんな日を受け入れて歩いて行こう。