《Interlude Diary》

とりとめのないこといろいろと

カラーひよこって判定当たってますか?笑


ずっと、“優しい人”でありたいという思いで生きてきました。

優しい人こそ器の大きな人だと思って。

だけどもう、優しい人であろうとするの嫌になっちゃった。
もしかすると本当の優しさっていうのを、自分は履き違えてるのかもしれないけどね。

人に舐められること、別に構わないや、わかってくれる人が一人でもいたら…って思ってたけど、舐められてたみたいだその一人にも。

人間も、弱そうな奴がいたらとりあえず攻撃する習性。自己肯定感が弱い人、自信なさげな人、やり返さなそうな人…
身近な人で、まさしく優しい性格ながら自信に欠ける男性をやはり自分も見下してしまうこともある。

優しさはほどほどに、人生が少し今より上手くいきそうな気がするから、今日から“舐められない”人間目指していく。(•ө•)♡